[PR]

 埼玉県川口市の男性(65)は昨年10月、糖尿病が悪化し、同市の埼玉協同病院で右足をひざ下で切断する手術を受けた。もっと早く病院にかかればここまで悪くはならなかったが、国民健康保険税(料)が払えず、無保険になっていた。

 59歳まで、同市で部品加工会社を経営していた。ところが、2008年のリーマン・ショックで仕事の9割を占めていた会社からの発注がなくなった。事業を大幅に縮小して継続しようとしたが、もともとあった借金が重荷になり、13年に会社をたたんだ。

 会社は、中小企業が加入する協会けんぽに加入していた。引き続き入ることもできたが、その保険料が払えず、あきらめた。パートで働き、細々と借金を返し続けた。自己破産するにも弁護士費用がいる。引き受けてくれる弁護士を探すうちに数年がすぎた。

 昨年、病気が悪化し、国保に入…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら