[PR]

 ギリシャで見つかった頭骨化石が約21万年前のホモ・サピエンスのものだったと、同国やドイツの研究チームが11日、英科学誌ネイチャーで発表する。年代が正しければ、ユーラシア大陸における最古のホモ・サピエンスとなり、初期の現生人類がアフリカ大陸を出た時期の見直しにつながる可能性がある。

 この頭骨は後頭部のみ。ギリシャ南部にあるアピディマ洞窟の調査で、1970年代後半に見つかった。チームが今回、改めて調べると、約21万年前のものとみられ、ネアンデルタール人ではなく現代人に通じる丸みある形などの特徴を持つと考えられた。

 現生人類のホモ・サピエンスは約25万~30万年前にアフリカで誕生後、世界に拡散したと考えられている。アフリカを出てユーラシア大陸に移った時期については、5万~6万年くらい前との説が有力だが、それに先立つ15万~20万年前にも第一波があったとの見方もある。

 特徴的な顔面部がない頭骨をどう評価するかは簡単ではないが、チームは「従来考えられていたより古い時代に、さらに遠くまで現生人類がアフリカから出ていたことになる」と結論づけている。

 論文は、ネイチャーのサイト(https://www.nature.com/articles/s41586-019-1376-z別ウインドウで開きます)で読める。(米山正寛)