【動画】野良猫を不妊去勢手術し、再び街へ 宮崎の歓楽街で捕獲作戦=佐藤修史撮影
[PR]

 宮崎最大の歓楽街「ニシタチ」で8~10日、ボランティア団体が野良猫を捕獲して不妊・去勢手術を施す活動を展開した。宮崎市動物愛護センターで手術後に耳にVカットの印を入れ、それぞれ捕まえた場所で10日に放した。

 ニシタチには飼い主のいない猫が200匹以上いるとされる。地元の中央通商店街などは、猫を駆除するのでなく、増やさずに管理する取り組みを推進。実動部隊として、ボランティア団体「上野町猫食堂」を立ち上げている。

 猫食堂代表の山本清美さん(51)やメンバーの上野広美さん(50)ら計3人が8日、金属製の捕獲器に鶏肉を仕掛けた。「特製のチキンハムにマタタビをふりかけます」と山本さん。

 上野さんが飲食店やおしぼり業者から情報を集め、手術をしていない猫たちがいるエリアは特定してある。

 最初に探したのはオスのキジトラ。ビルの谷間に隠れていた。「まき餌」となる鶏肉を投げ与え、「おいで、おいで」。当初は警戒して遠巻きに見ていたが、においにつられてまき餌を口にし、徐々に捕獲器に近づいてくる。捕獲器の中のエサを食べる際に踏み板に体重をかけると、自動的に入り口が閉まる。

 メンバーたちは数メートル離れ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら