[PR]

 世界文化遺産に登録された百舌鳥(もず)古墳群(大阪府堺市)をヘリから眺める遊覧飛行が13~15日、同市堺区匠町の「海とのふれあい広場」発着で実施される。一般社団法人S.I.Net会(本部・東京)が市の協力を得て主催する。

 発着場所と古墳群の距離は約7キロで、標準飛行時間は6分。古墳群付近では高度450メートルほどのところを飛び、巨大な前方後円墳の全景を見ることができる。

 10日には永藤英機市長や報道陣が試乗した。永藤市長は「密集市街地に今も残る古墳群が人類の宝だと実感した」と話し、ヘリのほか、気球や水上飛行機など、上空からのアクセス拡充に意欲を示した。

 飛行は13~15日午前9時半~午後4時半に現地での先着順で受け付ける。料金は税込み1万2千円(2人)、1万5千円(3人)など。問い合わせは匠航空(090・3465・5611)。(加戸靖史)