[PR]

 東京都小金井市で2016年、音楽活動をしていた冨田真由さんがファンの男に襲われ重傷を負った事件で、冨田さんと母親が10日、東京都や所属事務所などに約7600万円の損害賠償を求め、東京地裁に提訴した。冨田さん側は「警視庁が必要な警備を怠った」などと主張している。

 訴状などによると、冨田さんは加害者の岩崎友宏受刑者(30)=懲役14年6カ月=からツイッターやブログで「殺したい」と繰り返し脅迫を受け、16年5月上旬に警視庁武蔵野署に相談した。ツイッターの内容などを提示して、命の危険があると訴えたという。

 事件2日前の同19日にもライブの出演予定などを伝えたが、警視庁側は岩崎受刑者に警告せず、ライブ会場周辺の見回りなどもしなかった。岩崎受刑者に襲われ110番通報した際には、ライブ会場ではなく、冨田さんの自宅に警察官を出動させるなどの不備があったと主張している。

 提訴に続き、冨田さんは都内で、事件後初めての記者会見をした。

 代理人弁護士の問いかけにうなずきながら、冨田さんはじっと視線を落として座っていた。提訴の概要などを代理人が説明した後、冨田さんは用意した手記の冒頭を読み上げた。

 「テレビやネットのニュースで私の事件を知り、心配し、心から生きることを願ってくださった方々に感謝を伝えたいと思います。ありがとうございました」。読み終えると一礼した。

 代理人らによると、会見への出席を決めたのは、直前。自身の言葉で思いを伝えたかったといい、「ストーカー被害がなくなるように」との強い希望で、実名での会見を選んだという。

 手記の末尾は「ひとりでも多くの人が救われるきっかけになることを信じて、戦っていきたいと思います」と結ばれていた。

     ◇

 警視庁の島貫匡(ただし)・訟務課長の話 訴状が送達されていないのでコメントできない。

     ◇

 〈小金井女性刺傷事件〉 16年5月21日午後5時すぎ、音楽活動をしていた当時大学生の冨田真由さんが、東京都小金井市本町6丁目のライブ会場付近で、ファンの岩崎友宏受刑者にナイフで何度も刺され、一時意識不明の重体となった。岩崎受刑者は殺人未遂と銃刀法違反の罪で懲役14年6カ月が確定した。

 冨田さんは事件前、岩崎受刑者からツイッターなどで脅迫されていると警視庁に相談していた。しかし同庁はすぐに危険が及ぶとは判断せず、ライブ会場周辺の見回りなどをしていなかった。(関口佳代子)