[PR]

 福岡県田川市を舞台に今夏撮影予定の映画にちなんだ市民向けの演技ワークショップが7日に市内であり、初めて監督を務める福岡市出身の女優、池田エライザさん(23)が8歳から84歳までの74人に演技を手ほどきし、せりふ回しをアドバイスした。

 映画は「地域」「食」「高校生」をテーマに田川市と東京の制作会社「映画24区」が企画し、2020年の公開をめざす。卒業を控えて進路に悩む高校生を軸にストーリーが展開される。演技ワークショップは、地元の人を対象にしたオーディションが27、28の両日に実施されるのを前にしたプレイベントだ。

 参加者はグループに分かれて映画のワンシーンの台本を読んだ後、池田さんらの前で演技に挑戦。池田さんは「いつも家でしゃべっているような、ゆるい感じで全然大丈夫です。皆さんの方言とか、何を考えているのかとかを参考にしたいので」と語りかけた。子どもたちには、お手本としてセリフを言ってみせながら接していた。

 終了後、「田川の厚みのあるぬ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら