拡大する写真・図版今なお現役の漁師として、北海道根室市の港から出漁する古林貞夫さん=2019年7月10日午前5時18分、白井伸洋撮影

[PR]

 平成から令和へ移り、初の参議院選挙が21日に投開票される。今、一票に何を託すのか。様々な課題の現場を記者たちが訪ねました。

 早朝、漁場へ向けて小舟を出す。向かう先には、晴れていれば北方領土・国後島の山並みが見える。北海道根室市の漁師、古林貞夫さん(80)の古里だ。「すぐ行けそうなのに。見る度に残念だよ」

拡大する写真・図版北海道東部にある野付半島からは、国後島の山々が見える=2016年12月、北海道・野付半島、白井伸洋撮影

 島の南側、瀬石地区に住んでいた。近くの浜では温泉が湧き、山から引いた水で冷まして風呂に入った。早くして亡くなった弟や妹の墓もあった。旧ソ連によって島を追われたのは、終戦から2年後の秋だった。

 これまで自由訪問などで島に4回渡ったが、ロシア側の許可が下りず、地区に帰ったことはない。いつも、数キロ離れた丘にある仮の墓標に手を合わせる。

 5月、国会議員が国後島を訪問…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら