[PR]

日曜に想う 編集委員・福島申二

 他人を指さす時は、残りの指が自分をさしていることを忘れるな、と言った人がいる。まさにそのとおりで、人に向ける非難や誹(そし)りは、しばしば自分自身にもあてはまる。私もそうだが、自省の苦い思いとともにこの警句にうなずく人は結構多いに違いない。

 参院選が公示された4日、安倍晋三首相は第一声でこう訴えた。

 「私たちのように議論する候補者、政党を選ぶのか、審議をまったくしない政党、候補者を選ぶのか……」。国会で憲法議論が進んでいないことを述べたくだりだが、これなどは、残りの指が自分をさしている一例だろう。

 政府与党こそ国会を軽んじて、議論に背を向けてこなかったか。モリカケ疑惑など都合の悪いことや、年金など国民の関心事の質疑応答からは逃げてきた。そうした一切を棚に上げて自分の関心事については議論か否かと迫るのだから、相当丈夫な棚をお持ちである。

 公示の前日、日本記者クラブでの党首討論会では、こんな一幕があった。

 質問者がテーマごとに挙手で賛…

この記事は有料会員記事です。残り1264文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1264文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1264文字有料会員になると続きをお読みいただけます。