[PR]

(10日、高校野球京都大会 福知山成美4-0日吉ケ丘)

 九回表、2―0でリードする展開で、福知山成美の先頭打者は5番打者で捕手の原陽太(ひなた)君だった。二回には先頭打者で左越え本塁打。この回も狙っていた。

 3球目のスライダーをフルスイング。打球は左翼手の頭を越えスタンドに飛び込んだ。本塁を踏み、左手を突き上げてガッツポーズ。「自然に体が動いた」

 三回以降は点が取れない苦しい展開。「どうしても点が取りたくて狙っていた」と振り返る。打席に向かう直前、エース小橋翔大君から「お前やったらもう1本いけるで」とささやかれた。少し楽になれた。

 もともとは4番。調子が上がらず打順を一つ下げたが、持ち前の打力を見せつけた。(山崎琢也、横山健彦)