[PR]

 アップル社のストアで入手できる「Music FM」など、著作権上の許諾がない状態で音楽を聴くアプリについて、日本レコード協会、LINEミュージックなど音楽関係4団体・4社は11日、対策の強化を求める連名の要望書を先月末アップル社に提出したと発表した。アプリ登録時の事前審査の強化と、削除要請への迅速な対応を求めている。

 無許諾音楽アプリは、著作権上の許諾がないサイトやサーバーにある音源をストリーミングまたはダウンロードで配信したり、ユーチューブ上の曲をダウンロード可能にしたり、海外限定で許諾された音源を日本国内でも聴けるようにしたりするもの。運営者はアプリ上に掲載される広告から不当に収入を得ており、著作権の侵害が問題になっているが、2012年に中国で開発されて以降、「Music FM」「Music Box」「Music Rock」などの名前で広まり、若者に多く使われている。

 LINE株式会社は昨年10月、スマホで音楽を聴く際の手段についてLINEリサーチで調査し、全国の15~59歳の男女約22万8千人から回答を得た。全体の11%が無許諾音楽アプリを利用し、10代(約6万1千人が回答)では31%が「よく使っている」と答えたという。

 今回要望書を提出したのは、一般社団法人の日本レコード協会と日本音楽事業者協会、日本音楽出版社協会、日本音楽制作者連盟の音楽関係4団体、及び、AWA、KKBOX、LINEミュージック、楽天の音楽配信サービス事業会社4社で、6月28日付。アップル社の日本法人からは「対策を検討する」との回答があった。

 日本レコード協会の著作権保護・促進センター、末永昌樹センター長によると、同様のアプリは16年から17年にかけて急増し、ストアで見つけるたびにアップル社に削除を要請。少しずつ減ってきたが、よく似た名前のアプリが何度も登録され、削除されにくい週末や連休に増える。また、削除申請をしても、実際に削除されるまで1カ月以上かかることもあるという。

 「ストアにあると、無許諾と認…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら