[PR]

 新潟県加茂市の藤田明美市長は10日の定例記者会見で、市財政の立て直しに向けて、市長報酬の15%カットなど計約5千万円の支出削減案を発表した。報酬を定めた条例改正案などを23日の臨時市議会に出す。

 藤田氏は4月の市長選で、7選を目指した小池清彦前市長を破って初当選。その後、小池氏が出した市立中学校で部活動を抑制する方針を「保留」とするなど前市政の見直しを進めており、今回の支出削減案もその一環といえる。

 案によると、市長報酬を月81万2300円から69万400円に減らすほか、副市長も10%、教育長も5%減額する。報酬額はいずれも県内20市で最低になるという。また、これまで香典や祝儀を広く使途としてきた市長交際費を見直し、総額をほぼ半額にする。

 このほか、65歳以上のインフ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら