[PR]

 生後4カ月の長女に暴行して頭に大けがをさせたとして、大阪府警は10日、大阪市生野区の会社員、平山勝也容疑者(37)を傷害の疑いで逮捕し、発表した。「やっていない」と容疑を否認しているという。

 捜査1課によると、平山容疑者は昨年7月17日午後9時半ごろ、当時住んでいた大阪府東大阪市内のマンションの一室で、長女の頭に何らかの暴行を加え、急性硬膜下血腫と眼底出血の重傷を負わせた疑いがある。長女は現在も通院して治療を続けているという。

 平山容疑者は当時、元妻(40)と長女の3人暮らし。府警の任意の調べに、平山容疑者は「長女が泣きやまず、居間のソファに寝かせた。トイレに行くと『ドン』という音が聞こえ、戻ると長女がソファの下に落ちていた」などと説明。府警は複数の医師に意見を聴くなどした結果、平山容疑者が長女の頭に強い衝撃を加えた疑いがあると判断したという。