[PR]

 立憲民主党の枝野幸男代表は10日、参院選で野党が候補者を一本化した全国32の「1人区」のうち、唯一の共産党公認候補が立っている福井選挙区の応援に入った。枝野氏は公認候補の集会で「野党4党1会派は憲法というルールの下で政策を競い合う。(安倍政権により)その大前提が壊されているのだから、それを守るために連携・協力するのは当たり前だ」と強調した。集会には共産の小池晃書記局長も同席し、「歴史的な集会」と語った。

 共産党を含む野党の候補者一本化に対し、安倍晋三首相は3日の党首討論会で「もし枝野さんが福井県民だったら、共産候補者に一票入れるのか」と詰め寄るなど、強く批判している。枝野氏は集会で「首相から何度も挑発された。当然、(投票するのは)野党統一候補に決まっている」と語った。