[PR]

 ジョシュ・クーリー監督「『トイ・ストーリー』の第2作で、ウッディは博物館へ行くよりアンディのそばで生きると決めた。第3作は、成長したアンディと別れボニーのものになった。第4作でウッディは新たな決断を下す。苦くて、ハッピーとは言い切れないラストだ」

 私「ウッディにとって堕落なんじゃありませんか?」

 12日から全国公開されているディズニー/ピクサーのCGアニメ「トイ・ストーリー4」を見終わった時、正直ハラが立ちました。しかしクーリー監督へのインタビューの質問を考えていた時、ストンと腑(ふ)に落ちたのです。ああ、これは「迷える中年男」のドラマなんだと。それなら、愛すべき作品です。そして「トイ・ストーリー5(完)」が見たい――そんな妄想が膨らみます。あ、ネタバレありです。

 第2作のラストは全てのピクサ…

この記事は有料会員記事です。残り3749文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り3749文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り3749文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!