[PR]

 JR新浦安駅(千葉県浦安市)の駅前プラザ「マーレ」玄関口に設置された「浦安三番瀬水槽」が、子供たちの人気を集めている。水槽の生き物についての疑問をメモに書いて置いておくと、水槽を管理する市民グループ「浦安三番瀬を大切にする会」の会員の浦川賢二さん(31)が、丁寧に答えてくれるからだ。

 「もし大きい魚が小さい魚を食べたらどうするの?」。ある週末の水槽で、たまたま清掃に来ていた浦川さんに、水槽をよく見にくるという市内の山本麟太郎君(4)が聞いた。

 「うーん、仕方ないかな。海の中では大きい魚が小さい魚を食べるのは普通のことだから。でも、タコのように何でも食べちゃう生き物は、ケースに入れて隔離しておきます」。子供だからと適当には答えない。浦川さんは考えながら、ゆっくり話した。

 水槽にはイシガレイやアミメハ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら