[PR]

 ひきこもり、ひとりで悩まないで――。子どものひきこもりを経験した愛知県岡崎市の主婦大庭和子さん(54)が、ひきこもりで悩む人やその家族らが語り合える場をつくり、活動を続けている。14日には同市内で有識者らを招いた講演会を開く。

 大庭さんは2016年、市民団体「ひきこもりを考える会 ゲートキーパー『おじぎ草』」を設立。同じような悩みを持つ主婦ら有志5人とともに毎月2回、岡崎市内でひきこもりの当事者、経験者、その家族がそれぞれ集まって語り合う交流会を開いている。

 活動を始めたのは、自身が長男(29)のひきこもりで悩んだことがきっかけだ。

 「17年前、当時小学6年生だ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら