[PR]

(11日、高校野球茨城大会 水戸桜ノ牧11―1水戸桜ノ牧常北校・竜ケ崎南)

 水戸桜ノ牧と水戸桜ノ牧常北校は本校と分校の関係。「こんな組み合わせになるとは。野球の神様のいたずらですかね」。昨年から両校の校長を務める藤田知巳さんは、一塁側にも三塁側にも座るわけにいかず、バックネット裏で応援を続けた。

 試合は水戸桜ノ牧が五回コールド勝ち。藤田校長は「もっと長くやってほしかったが、連合チームも長打が2本あり、得点もできて、試合を盛り上げてくれた」。常北校・竜ケ崎南の海老原洋法監督も「数少ない練習の中で、よくやった。野球は礼儀は厳しく、試合は楽しくやるのが一番。選手たちも楽しめたと思う」と話していた。