[PR]

 韓国の康京和(カンギョンファ)外相は10日夜、ポンペオ米国務長官と電話協議し、日本による半導体素材などの輸出規制について「米国企業はもちろん、世界貿易の秩序に否定的な影響を及ぼしかねず、韓米日3カ国の協力の側面でも望ましくない」とする憂慮を伝えた。韓国外交省が11日、明らかにした。

 康氏の発言の背景には、安全保障面での日米韓連携を重視してきた米国に懸念を伝えることで、輸出規制撤回に向けて「仲介」を依頼するねらいがあるとみられる。

 同省によると、康氏は「韓国政府は、これ以上、状況が悪化しないことを希望しており、日本と対話を通じた外交的解決のために努力していきたい」と述べた。これに対し、ポンペオ氏は理解を表明したという。今後、韓米、日米韓3カ国の外交チャンネルを通じて意思疎通を強化していくことでも一致したという。(ソウル=武田肇)