[PR]

【まとめて読む】患者を生きる・眠る「夜尿症」

 小学校に入っても、毎晩の夜尿(おねしょ)が続いていた東京都に住む男の子(12)。夜尿症と診断され、専門医のもとで治療することになりました。成果が現れ始めた頃、小学校に入って初めての移動教室が近づいてきて――。

おむつ、こっそりはいて寝た

 「僕はもしかして、ほかの子と少し違うのかな」

 東京都に住む小学6年の男の子(12)が初めてそう思ったのは、幼稚園の年長のお泊まり会でのことだった。

 夜寝るとき、母があずけていた紙おむつを、先生から手渡された。友だちは、パンツのまま布団に入っていた。少し恥ずかしくなって、トイレでこっそりおむつをはいた。

 日中におむつをしなくなってか…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら