[PR]

 県内各地で家畜伝染病「豚(とん)コレラ」の感染が相次いでいる問題で、県内の養豚農家らは11日、県公館を訪れ、飼育する豚へのワクチン接種などを求める緊急要望書を大村秀章知事に手渡した。

 訪問したのは、飼育施設での感染が確認された田原、豊田、西尾各市の農家ら。田原市の副市長、同市選出の県議らも出席した。

 要望書には、「飼育する豚へのワクチン接種」や「設備導入や早期経営再開時の支援充実を国へ働きかけること」など、5点を求めた。同時に県内の養豚場123カ所からのワクチン接種を求める署名も手渡した。

 今年2月にも、田原市長らが大…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら