[PR]

 北朝鮮産のビールを日本に不正に持ち込んだとして、福岡県警は11日、福岡市の少年(19)を、外為法違反(無承認輸入)の疑いで書類送検し、発表した。オークションサイトに出品し、高値で転売していたという。

 捜査関係者によると、少年は昨年10月上旬、経済産業相の承認を得ずに、北朝鮮を原産地とする「大同江(テドンガン)ビール」1本を、中国・上海空港から佐賀県の佐賀空港にスーツケースに隠して持ち込んだ疑いがある。

 ビールは上海で200~300円で入手し、オークションサイトで1万円以上で転売していた。「小遣い稼ぎのためにやった」と話しているという。

 警察が昨年、サイバーパトロールで大同江ビールの出品を確認。出品者をたどったところ、少年が浮上した。少年は中国出身で、数年前から中国のキャラクター商品を現地で買い付け、サイトへの出品を繰り返していたという。

 日本は、核実験やミサイル発射を繰り返す北朝鮮への経済制裁として、北朝鮮を原産地、または船積み地とするすべての貨物の輸入を禁止している。