[PR]

(11日、高校野球福島大会 若松商10-2会津若松ザベリオ学園)

 若松商の4番で捕手、小林俊介君(3年)が4打数4安打5打点の活躍を見せた。

 一回、1死一、二塁で「4番としての責任を果たさなければ」と打席に入る。直球を振り抜き、先制の左中間二塁打を放った。

 打撃練習ではフライではなく、低い打球になるように心がけた。その成果もあって、第2打席以降も鋭い打球を外野に放った。

 心残りは三回の守りで、清水大翔投手(2年)のワンバウンドの投球を、体で受け止められず、三塁走者の生還を許してしまったことだ。「ピッチャーに安心して投げてもらうためにも、二度とミスをしないようにしたい」

 田中巨人監督は「小林が今日のキーマン。良い流れをつくってくれた」とたたえていた。(戸松康雄)