[PR]

 被爆者団体などが平和宣言で核兵器禁止条約への署名・批准を日本政府に求めるよう要請していることに対し、広島市の松井一実市長は11日の会見で、言及するかについて明言を避けた。

 松井氏は宣言について「『このような思いを他の誰にもさせてはならない』という被爆者の思いを世界共通の価値観にするために行うものと位置づけている。これからもそうしたい」と述べた。被爆者らの要請に対し、「日本政府に被爆者と同じ気持ちで行動してくれるよう望んでいると受け止めている。それが文面にでていないということで、調整をどうするかいま検討している」とした。

 宣言を練る上で被爆者や有識者から意見を聞く懇談会を非公開としている点を疑問視する質問には「素直に話して頂けるので非公開でいい。成果で判断頂くことでいいのではないか」と話した。(東郷隆)