【動画】「逃亡犯条例」の改正案に抗議して自殺した麦さんの追悼集会で、ろうそくを供える参加者たち=益満雄一郎、朱延雄撮影
[PR]

 香港の「逃亡犯条例」改正案に抗議し、今月3日に自殺したカフェ従業員の女性(28)の友人が朝日新聞の取材に応じた。女性が香港政府に抱いていた絶望感を証言。遺書には「ごめんなさい 一緒に戦えなくて がんばって」と記されていたといい、友人は「遺志を引き継ぎ、最後まで戦う」と語った。

 自殺したのは麦さん。フルネームは公表されていない。遺書には「真の普通選挙で選ばれていない政府は、(市民の)訴えには応じない 香港には革命が必要だ」と書き残していた。

 友人は麦さんの中学時代の同級生の女性。証言によると、麦さんはいつも笑顔で、明るい性格だった。ともに写真撮影が趣味で、週末にはランチを楽しむ仲だった。

 麦さんは6月12日、立法会(議会)による改正案の審議の停止を要求する抗議デモに参加。警察が放った催涙ガスを浴びた。また一緒にデモに加わった別の友人の弟が連行されたことに胸を痛め、政府や警察に対する不信感を急速に強めていったという。

 麦さんは香港返還記念日の7月1日、女性に連絡し、この日の衝突で、警察から逃げる若者を撮影した写真や動画を送ってきた。これが最後の連絡となった。デモへの参加が続いて疲れた様子だったが、自殺の予兆はなかったという。

 香港中心部の公園では10日、ネット上の呼びかけに応じた60~70人のボランティアらが、麦さんの追悼集会を開き、約1千人の市民らがろうそくや花を祭壇に供え、冥福を祈った。

 女性も追悼集会に参加しており…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら