[PR]

 山形県鶴岡市内の小中学校の学校給食に、今年も市特産のネットメロンが登場した。11日は市内13校で「アンデスメロン」が出され、児童や生徒らが笑顔でほおばった。

 湯野浜小の4年生の教室では、JA鶴岡の職員が「『安心です』のアンデスメロン」と名前の由来を紹介。生産者の田村裕介さん(39)が「水の管理など手がかかるが、おいしく食べてもらえるとうれしい」と話した。

 「甘くて、めっちゃおいしい。苦労して作ってくれてありがとう」と佐藤里咲(りさ)さん(9)。1人分の8分の1カットを平らげた。

 今月下旬までに市内の全37校で、赤肉の「鶴姫レッド」も含めた約1300玉が給食で出される予定だという。(佐藤孝則)