[PR]

 犯罪の薫りを漂わせた男2人と女1人の逃避行。「パラダイス・ネクスト」は、今どき珍しいくらいのクールでスタイリッシュな映画だ。フィルム・ノワールやアメリカン・ニューシネマといった過去の名作を思い出させてくれる。

 この手の物語は、日本で撮ると、往々にして気取った感じが出てしまう。主演の妻夫木聡は「台湾の街並みがそれを浄化してくれたと思います。おかげでイヤミのないオシャレな映画になった」と語る。

 そう。舞台は台湾だ。日本で事件を起こし、台北に隠れ住むヤクザの島(豊川悦司)の前に、軽薄そうな男、牧野(妻夫木)が現れる。彼は島の秘密を知っているらしい。組織に追われる2人は花蓮の街へ逃げるが、そこで美しい女性シャオエンと出会い……。

 台湾の巨匠、侯孝賢監督「黒衣の刺客」(2015年)に出演した妻夫木と、作曲家として侯監督の映画に参加した半野喜弘監督。台湾の街に魅せられた2人のコラボレーションだ。

 「タクシーの窓から、雨にぬれた街を見た時、『色っぽい』と感じました。それに比べ、日本の都会は無機質で記号化されている。台湾の街には生命力があります。『黒衣の刺客』は山奥の撮影だったので、台湾の街で芝居をしたいと思いました」

 半野監督から「実はこんなホン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら