拡大する写真・図版妻ひろ子さんと自宅前で笑顔を見せる佐藤宏樹さん=5月17日撮影、横浜市

[PR]

 一生のうち、ほぼ2人に1人がかかるといわれるがん。多くの人ががんを経験するなら、同じ人が異なる場所に複数のがんを抱えたとしても不思議ではありません。そんな「重複がん」は、実態がまだよくわかっていません。どう向き合えばいいのでしょうか。(編集委員・田村建二)

 横浜市で婦人科診療所を運営していた産婦人科医の佐藤宏樹さんは、2013年10月に健診で胸部のX線検査を受けたのをきっかけに肺がんが見つかり、手術を受けた。

 自身の父親と兄が大腸がんを経験していたこともあり、手術を受けた病院に大腸の内視鏡検査などもしてくれるよう頼んだ。だが結局、検査は行われなかったという。

 17年になって、全身に倦怠(けんたい)感を覚えてCT検査をすると、肝臓にがんが見つかった。後に、がんは大腸からの転移だったとわかった。もう手術はできない段階で、抗がん剤も効果がなかった。

拡大する写真・図版重複がんについて多くの人に知ってほしいと、佐藤宏樹さんは願った=5月17日、横浜市

 重複がんに関しては医師の間でもまだ意識が低く、「自分の担当するがんさえ治療すれば」という意識になりやすい。一般の人に向けての重複がんの情報もまだまだ少ない。佐藤さんはそう感じた。

 1カ所でもがんが見つかれば、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら