[PR]

 13日に開幕するハンドボールの日本リーグ男子に、選手の主な仕事が農業という異色のクラブ、ゴールデンウルヴス福岡が新規参入する。九州・沖縄では3チーム目。「農」「食」と「アスリート」の融合を旗印にした、新しいタイプの社会人チームだ。

 コーチ兼任を含む17選手のうち、10人が農業生産法人や飲食店の自家農園などで農業に携わる。しょうゆの蔵元、菓子店で働く選手もいる。創設4年目で、日本リーグ参戦を機にフレッサ福岡から改称。就農を前提に選手を集めた当初の理念「農」を、今は「食」にまで広げ、大体がそこに関わっている。

 引退後のセカンドキャリアも視野に入れ、従来にない社会人選手の活躍の場を創造しようという挑戦。選手は早朝からの農作業や仕事を終え、練習は夜。週に3、4日、大学の体育館に出向いている。恵まれた環境とはいえないが、選手からは「農業でも体力は培われる」との声も。研修生として農家でキャベツやイチゴ、米作りを学んでいる主将の野口智秀(24)=福岡大=は「不安もあるが、挑戦していることを大事にしたい」と意欲をにじませる。

 「ベンチャー企業みたいなチー…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも