[PR]

 秋田大学医学部付属病院(秋田市広面)は11日、患者の体内に「ドレーン」と呼ばれるシリコン製の管を誤って残したと発表した。

 同病院によると、昨年9月、腹部疾患の患者の手術の際、使用したドレーンを体内に置き忘れた。ドレーンは体内にたまる液体を体外に排出する管で、置き忘れたドレーンは太さ約8ミリ、長さ約20センチあった。術後、X線を4回撮影した時も気づかず、今年5月のCT検査で約8カ月ぶりに発見した。同病院は患者に謝罪し、ドレーンの摘出手術を実施した。患者はすでに回復し退院している。

 南谷佳弘病院長は会見で「患者様、ご家族に多大なるご迷惑をおかけしたことを心よりおわび申し上げます」と謝罪した。(曽田幹東)