[PR]

 愛知県選挙管理委員会は11日、参院選の選挙公報を読み上げた視覚障害者向けCDに、誤って3年前の参院選の候補者のデータが入っていたと発表した。すでに県内の関係先に500枚以上発送しており、県選管は正しいCDを12日中に再発送するという。

 県選管によると、誤データが入っていたCDは、564枚。県内の障害者団体などに10日に発送したが、全てのCDに、参院選比例代表候補者155人のデータではなく、2016年参院選の比例代表候補者164人分のデータが入っていた。11日に指摘があり、間違いがわかった。

 CDは、社会福祉法人「名古屋ライトハウス」(名古屋市昭和区)が製作。同法人がデータを入れ直し、12日中に全て再送する。県選管によると、誤ったデータを聞いて投票した人は、確認出来ていないという。