[PR]

 テニスのウィンブルドン選手権第10日は11日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで女子シングルス準決勝が行われ、世界10位のセリーナ・ウィリアムズ(米)が、同54位のバルボラ・ストリコバ(チェコ)に6―1、6―2で快勝した。37歳291日での4大大会決勝進出は、1968年のオープン化(プロ解禁)以降、女子最年長。自身8度目の大会優勝をかけ、決勝で同7位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)と対戦する。

 59分で終わらせた。5―2で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら