[PR]

取材考記 アメリカ総局・青山直篤

 G20サミット取材で帰国した6月末の日本は、芸人の闇営業問題で持ちきりだった。国内なら反社会勢力の排除は当然のこと。だが警察官のいない国際社会では「反社会的」な論理がまかり通る。言わずと知れたトランプ流だ。

 まず、貿易や安全保障で「同盟国から食い物にされた」と被害者の立場にたつ。そして自動車への関税などの「脅し」を突きつけ、落とし前として一方的な譲歩を迫る。これがトランプ政権の通商外交の基本型だ。

 個別に暴力団に脅されれば、一…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら