[PR]

 トランプ米大統領は11日、ホワイトハウスで会見し、2020年の国勢調査で国籍を尋ねる質問を加えることを断念すると発表した。代わりに、大統領令を出して、連邦政府の関係機関に国籍に関する記録の提出を求めるとしている。

 国籍質問の追加は、トランプ政権が「人種的少数者の投票権を守るため」として昨年3月に決定した。だが、ニューヨーク州などが「多くの移民が調査に回答しなくなり、正確さが失われる」と反発し、撤回を求めて提訴。最高裁は先月、政権の説明は「不自然」として合理的な説明を求め、質問の追加をやめさせた。

 トランプ氏は断念した理由について、裁判所の要求に応えることもできたが、「さらなる訴訟が起き、かなりの遅れが出る。新たな選択肢をとることにした」と説明。新たな大統領令を出して、社会保障局や移民対策を担当する国土安全保障省に国籍に関する記録を提出させるという。

 トランプ氏は「一つの質問を追…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら