砂原秀遍さん(すなはら・しゅうへん=東寺長者〈住職〉、東寺真言宗管長)が6日、老衰で死去、94歳。密葬は近親者で営んだ。本葬は8月19日午前11時から京都市南区九条町1の東寺食堂(じきどう)で。喪主は長男で東寺執事長の秀輝(しゅうき)さん。葬儀委員長は信徒総代で弁護士の別城信太郎(べっき・しんたろう)さん。

 島根県出身。書家としても知られ、日本書家連盟顧問を務めた。