[PR]

 「鈴木敏夫とスタジオジブリ展」が13日、長崎県佐世保市のハウステンボスで始まる。ジブリのプロデューサー鈴木敏夫さんの「言葉」に注目した展示だ。

 東京に続く、全国2番目の開催。開幕を前に12日に鈴木さんを迎え、現地で記者会見と内覧会があった。

 「生きろ。そなたは美しい。」(もののけ姫)

 「生きねば。」(風立ちぬ)

 「バルス!」(天空の城ラピュタ)

 会場には、ジブリの代表作を彩ったキャッチコピーやフレーズの直筆が、壁から浮き出すように立体的に大きく描かれた。「千と千尋の神隠し」に登場する湯屋や湯婆婆の巨大な模型、ポスターも飾られ、来場者に映画の名場面を思い出させるような展示となっている。

 書画、発想の元になった創作メモといった資料も集められた。両親の影響で漫画と映画に夢中だった幼少期、詩や小説にふけった青年期、就職した出版社での挫折や、漫画家ちばてつや氏との交流、アニメ雑誌の創刊に奔走する中での高畑勲、宮崎駿両監督との出会い――。鈴木さんの歩みもたどることができる。

 記者会見に作務衣姿で現れた鈴…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら