[PR]

 まもなく夏本番。薄着になる機会も増え、気になるのが汗による染みや臭いだ。汗への対策は、これまで「制汗スプレー」を一吹きするのが定番だったが、最近は「直(じか)塗り」の商品に人気がシフトしているという。その理由とは。

 調査会社のインテージによると、制汗剤の市場はその年の天候に左右されるものの、毎年400億円前後と安定している。ただ、シェアの内訳は大きく変わってきており、制汗成分を染み込ませた布で汗を拭き取るシートタイプが2018年度、長らく首位だったパウダースプレーを上回った。

 円筒状の容器にピンポン球のようなボールを取り付け、これに制汗成分の液体を含ませて塗る「ロールオン」というタイプも年々伸びており、固形のスティックタイプもあわせた「直塗り」タイプは09年度には4割だったが、18年度には6割を占めるまでになった。

 直塗りが増えている理由を同社…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら