[PR]

 鹿児島修学館が古豪・鹿児島商に0―55の大差でコールド負けした。

 まるで打撃練習をみているような鹿児島商の攻撃だった。一回裏に打者3巡で25点、二回に12点、三回は4点、四回に14点を追加し、本塁打4本を含む計33安打、54盗塁を記録。県高野連によると、55点差は夏の大会で過去最大の点差とみられるという。

 この試合、一回途中から登板した鹿児島修学館の背番号「6」、上野正太主将(3年)は53点差がついた四回裏、マウンドでつった右のふくらはぎを拳で何度もたたいた。「ふーっ」と息を吐き、胸に右手を当て「がんばれ、がんばれ」とささやいた。「3年間頑張った努力を水の泡にするのか」。すでに球数は200球を超えていた。

 6年ぶりの単独出場となった昨夏の大会後、部員は4人に。野球経験者らに声をかけ、助っ人部員を獲得し、今大会も単独チームでの出場がかなった。

 助っ人部員は当初、練習する上野君らの横を素通りして帰ることもあった。だが野球ノートに反省点を書き、毎日練習に向かう部員たちの姿をみて、次第に練習に来るようになった。

 「1アウトが遠い」。試合中、何度も思った。それでもベンチの仲間やスタンドから「頑張れー」の声が聞こえた。チームが1アウトを取るごとに湧き起こる歓声や拍手に励まされ、232球を投げきった。

 試合後、上野君は「チームはヒットを4本も打った。みんなで最後まであきらめず戦い抜くことができた。悔いのない試合でした」。晴れ晴れした表情で球場を後にした。(合田純奈)