暗号資産35億円相当が流出 ビットポイントジャパン

有料会員記事

高橋克典
[PR]

 金融サービスなどを手がけるリミックスポイントは12日、グループの暗号資産(仮想通貨)交換業者「ビットポイントジャパン」が運営する交換所が不正アクセスを受け、ビットコインなど総額約35億円相当の暗号資産が外部に流出したと発表した。

 暗号資産の巨額流出は、2018年9月にテックビューロが運営する交換所「Zaif(ザイフ)」で約67億円相当が流出して以来。

 リミックスポイントによると、11日午後10時10分ごろ、取り扱う暗号資産の送金で異常を検知し、12日午前2時ごろまでに不正流出を確認した。ビットポイントジャパンは12日午前10時半までに暗号資産の売買や交換を含むすべてのサービスを停止した。

 流出した暗号資産はビットコ…

この記事は有料会員記事です。残り200文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら