[PR]

 かつては“野球後進県”のイメージがあった岩手から、近年は規格外の投手が続々と生まれている。高校野球では最速163キロを記録した大船渡の佐々木朗希(ろうき)(3年)。大リーガーでは菊池雄星(マリナーズ)と大谷翔平(エンゼルス)。突き抜けた才能を育む土壌とは何か。岩手の謎を追った。

 大きな転換点はスターの誕生だ。盛岡大付高の関口清治監督は「一人のスターが周りを変えた」と振り返る。今季メジャーデビューした菊池だ。2009年、菊池を擁する花巻東高は選抜大会で準優勝、選手権大会で4強。1勝するのがやっとだった岩手勢のイメージを覆した。

 関口監督は言う。「花巻東の指導法がいいのもありますが、雄星が『岩手でも甲子園で勝てる』と岩手の人の意識を変え、大谷が続いた。高校だけでなく、中学でも研究熱心な指導者が増えた」

 プロ野球のスカウトの間でも、岩手は最大の関心事だ。中日の八木智哉スカウトは「遊ぶ環境が違う。東京の公園なら平坦(へいたん)で守られながら遊んでいる。田舎だと山や川でバランスをとることを体が覚える」。岩手の自然は身体能力を養ううえで魅力的に映る。

 菊池、大谷、佐々木に共通する…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら