[PR]

 聴覚障害のある人のため、話した言葉を文字に変えて表示するタブレット端末が、高松市役所に設置された。職員が窓口での対応に役立てる。

 「UDトーク」というアプリを使用。端末に向かって話しかけると、即座に文字に変換して画面に表示する。約150言語にも対応し、外国人との会話にも使える。

 3月、障害に応じたコミュニケーション手段の普及などを定めた市条例が施行され、それに伴って設置した。市によると、聴覚障害のある人とは職員が手話や筆談で対応してきたが、うまく説明できないこともあったという。

 窓口での対応がある障がい福祉課や市民課のほか、こども未来館など市の施設に計15台を置く。(石川友恵)