[PR]

 兵庫県宝塚市立美座(みざ)小学校で9日、家庭科の調理実習で5年生が腹痛や吐き気を訴えた事案について、県宝塚健康福祉事務所は12日、校内で収穫したジャガイモに含まれていた植物性自然毒「ソラニン類」による食中毒と断定したと発表した。16人が症状を訴え、8人が入院したが、全員退院しているという。

 同事務所によると、調理実習で捨てられたジャガイモの皮や、校内で栽培している未収穫のジャガイモからソラニン類が検出された。未成熟なジャガイモやジャガイモの芽、日光に当たって緑色に変色した部分にはソラニン類が多く含まれ、加熱してもほとんど分解されないという。(村瀬成幸)