[PR]

 長野県木曽町で、野生イノシシから家畜伝染病「豚(とん)コレラ」の陽性反応が出た。隣県の岐阜や愛知で野生イノシシの感染が相次いでいたことから、長野県も県内で監視体制を強めて警戒してきたが、侵入を防げなかった。

 県によると、イノシシの死体は木曽町新開杭の原の住宅の前で8日朝に見つかり、住民が町に知らせた。長野県が遺伝子検査をしたところ、12日に陽性反応が分かった。農林水産省の検査でも陽性が確定すれば、野生イノシシの豚コレラ感染の確認は県内で初めて。結果は13日に判明する。

 会見した長野県の小林安男・園芸畜産課長は「やれることはすべてやってきたが……。野生動物の行動をすべて止めるのはむずかしい」と悔しがった。さらに今後について「養豚農場に(ウイルスが)入らないようにすることが最も重要だ」と強調した。死亡したイノシシが見つかった場所から半径10キロ以内に養豚場はないという。県内の養豚農家などに異常がないか聞き取りをし、陽性が確定すれば消毒の強化も要請する。

 県内では2月、豚コレラに感染…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら