[PR]

 右肩炎症で2軍調整中だったプロ野球中日の松坂大輔投手(38)が12日、1軍に合流した。16日の阪神戦(ナゴヤドーム)で今季初先発する見込みだ。

 ナゴヤドームであった一部の投手練習に参加し、キャッチボールやランニングで汗を流した。最後には今季初めて本拠のマウンドへ。今季から土を入れ替えて昨季より硬くなっており、約30球を投げて感触を確かめた。

 松坂は「元々、硬いマウンドの方が好きなので特に違和感はなかった」とうなずく。今季初登板に向けて「素直にうれしい。ファームで投げるのとは雰囲気も変わってくる。どれくらい力んでしまうのかわからない。今は楽しみと不安、両方ですね」と話した。

 松坂は2月の沖縄春季キャンプでファンとの接触をきっかけに右肩を痛めて、調整が大幅に出遅れた。5月28日のウエスタン・リーグのソフトバンク戦(福岡・筑後)で約8カ月ぶりに実戦に登板した。ここまで2軍戦で4試合に先発し、計18回を投げ、4失点、防御率2・00と好投していた。

こんなニュースも