[PR]

 和歌山大学(和歌山市栄谷)では12日、大学生らが集まって政策や各政党のスタンスなどについて話し合うイベント「選挙のワダイ」があった。社会問題について学ぶ同大のサークル「社会科学研究会」主催。約20人が参加した。

 参加者は班ごとに分かれて憲法改正やアベノミクスなど気になった政策を挙げて意見を出し合うなどした。同会の代表で同大学院生、田島直樹さん(22)は「選挙のことを話す場が身近にあればいいなと思って企画した。一人でも多くの人に投票に行ってほしい」と話した。(本間ほのみ)