[PR]

 けがさえなければ、とささやかれ続けた韋駄天(いだてん)が、今年は違う。ロッテの10年目、荻野貴司。今季はけがによる離脱がなく、打率3割3分0厘でパ・リーグ1位に立つ。後半戦も、このまま突っ走れるか。リードオフマンが何度もホームまで駆け抜ければ、チームの浮上につながっていく。

 球宴前、最後の試合となった10日の西武戦。五回に左中間への二塁打を放ち、一つの壁を乗り越えた。今季95安打目は、意外にも、シーズンの自己最多を塗り替える一本だった。

 その年間安打数の少なさにプロ人生が色濃く映る。

 2009年秋のドラフト1位で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも