秋篠宮ご夫妻と長男悠仁さま(12)が15日、都内の東京国際交流館プラザ平成を訪れ、「第29回国際地図学会議」地図展の一部作品を私的に鑑賞した。宮内庁によると、悠仁さまは地図に興味を持っているといい、手描きのオーストラリア・メルボルンの地図など世界各国の最新地図を時折のぞき込んだ。

 これに先立ち、ご夫妻は同会議の開会式に出席した。同会議は、地図学などの学術振興を目的に1959年に設立された国際地図学協会などの主催。研究者による発表のほか、地図展が催される。

 日本での開催は1980年以来2度目。(長谷文)