[PR]

 文化審議会は19日、重要無形文化財保持者(人間国宝)に、歌舞伎音楽竹本の竹本葵太夫さん(58)、人形浄瑠璃文楽太夫の豊竹咲太夫さん(75)、歌舞伎脇役の片岡秀太郎さん(77)、長唄三味線の杵屋勝国さん(74)、長唄鳴物の藤舎名生さん(78)、琉球古典音楽の中村一雄さん(73)、講談の神田松鯉さん(76)の7人を認定するよう文部科学相に答申した。

 葵太夫さんは一般家庭出身で、国立劇場が担い手養成のために取り組む伝統芸能伝承者養成研修の修了生として初めての人間国宝となる。この認定で人間国宝は116人(うち1人は重複認定者)になる。

 また、文化財保存のための選定保存技術の保持者に、美術工芸品錺(かざり)金具製作の松田聖(きよし)さん(57)を認定するよう答申した。

 このほか、登録有形文化財(建造物)として、「旧赤羽台団地42号棟」(東京都北区)や「島根県庁舎議事堂」(松江市)など29都道府県の196件を登録するよう答申した。