[PR]

 過激派組織「イスラム国」(IS)がかつて最重要拠点としていたイラク北部の都市モスル。10日で解放から2年がたった現地に記者が入った。米国はISの掃討作戦の終結を宣言。いまだISの存在に苦悩する人たちの姿があった。

 小麦の収穫が終わった7月上旬、モスル郊外の農地が地平線まで黄金色に染まっていた。その中に焼かれた黒い畑が点在していた。焼け焦げた小麦を手に取ると粉々になって風に運ばれ、炭のにおいが鼻をついた。

 「取材は15分だ。こういう場所は狙われやすい」

 小麦畑を訪れた記者に同行の運転手が忠告した。街中と違い、軍や警察の姿はなかった。

 「ISを名乗る男に『税金』を要求された。拒否したら、畑を焼かれた」。農家のサラハ・ムハンマドさん(24)が打ち明けた。

 収穫を控えた5月下旬に突然電話がかかってきた。

 「次はお前だ。失いたくなけれ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら