[PR]

(13日、高校野球青森大会 三沢商7―3弘前工)

 「自分のせいで負けた」。試合後、弘前工の須藤博紀(2年)は声を絞り出した。リードした3年生投手2人が計7失点。扇の要として、責任を感じていた。

 向上心の塊のような選手だ。弘前工への進学理由は「練習がきついと聞いていたから」。1年秋にはスターティングメンバーに名を連ねるようになった。

 「俺は中心選手になる」と自らに言い聞かせ、練習も一つ一つ手を抜かないよう意識した。「ワンプレーで流れが変わる」との野球哲学を持っているからだ。

 この日の試合は直球中心の配球を狙われた四回の守りが悔やまれる。3年生への申し訳なさも相まって試合後は号泣したが、目線は先を見据えている。「先輩たちに報いるためにも甲子園に行く。すぐに練習します」。新たな決意とともにバスに乗り込んだ。(河野光汰)