[PR]

(13日、高校野球高知大会)

 開会式があった県立春野では、一眼レフカメラを構えた女子高生が三塁側スタンドで選手の姿を追った。高岡高校3年戸梶安珠美さん(17)、岡豊高校3年高橋虹翔さん(17)、山崎望来さん(18)の3人。

 3人はカメラ好きで、1年の夏の高知大会で偶然、球場で出会った。戸梶さんは「元気があって笑顔がステキ」と高知中央の大ファン。高橋さんと山崎さんは母校の選手のファンだった。3人は仲良くなり、チームを結成し、毎年夏に選手のプレーや表情を撮影している。

 戸梶さんは写真を選手にLINEでプレゼントしている。選手から「ありがとう」のメッセージがうれしいという。1試合に1500枚を撮るという。高知中央はこの日、中村を破って勝利した。戸梶さんは「ドキドキしました」と大喜びだ。

 3人はこの日、最後の夏になるのでチーム名を「ベイスリー」と命名した。ベースボールを愛する3人娘の意味だという。「選手の夏をカメラで撮影するのは、高校3年間のいい青春の思い出です」と口をそろえた。(笠原雅俊)